あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

人は変わる

自首してきた小泉容疑者。自首してきてとりあえずひとつの解決はよかったですね。
スニーカーの足跡がどうのという報道があったときにはもうだめかと思いました。なぜって確か世田谷一家殺害事件の時もそんな報道があって結局捕まってないですからね。その程度の手掛かりしかないのかと思っていました。スニーカーの足跡やらその作られた工場やらが分かったところで、そんなもんは大量生産してるに決まってるしそこから割り出すのは難しいでしょうし。

問題は動機ですが、保健所にペットを殺されたとかなんとか。そんなことで人間を殺したんですかという感じです。まったくもって矛盾。無駄な殺生はするなと言いながら、自分のしていることは無駄ではないというのでしょうか。もちろんペットの命は命で大事ですが、ちゃんと飼っていない人間の勝手によって捨てられた動物を好きで保健所の人が処分しているわけではないだろうし、それとこれとは別問題。第一全ての動物の面倒など見きれないし、きれいごとではやっていけないのだということぐらい、大の大人が分からないのかが不思議。なんにしても人を殺す理由には到底ならないわけで。

こういう事件が起こると必ず学生時代の話が出てくるがなぜでしょう。小学生時代のことを言われてもね。子供のときは子供なんだからそりゃあいい子だったり素直だったりするでしょう。こんな大人になってしまっても、かわいい時期もあっただろうし。
優しい子であっても人をいじめることもあるし、普段の素行は悪くなくても犯罪を起こすこともあります。魔がさしたり、油断があったり、ほんの気の緩みや出来心。

人間だから。

何年も何年も前の、しかも子供の頃の話を出しても、大抵いい子なんだからあんま意味はないと思うんですが。人は大小あれど、やっぱり変わっていくのだから。
悪い子だったという証拠でも探しているのでしょうか?
どうしてこんな人間が、というより、どうしてこの人はこんなことをしたのか、が大事だと思います。
それに関して保健所云々は疑問符がつきますね。罪と、理由のバランスがあまりにもおかしい。
早く解明されるといいけれど。でないと何だか気持ちが悪い。
日本も危険な国になりましたね・・・。

スポンサーサイト
テーマ : 気になったニュース    ジャンル : ニュース

  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

飲酒運転と引き逃げ事故

人間は学ぶことができる生き物だと思うが、どうしてこう飲酒運転によるひき逃げが絶えないのだろう。
ひき逃げをする気持ちはまずはやっぱり「怖い」とか「やばい」とかだと思うが、それは人間の心理だから分かるといえば分かるが、ことが人間の命に関わることであり、重大犯罪になり、殺人になることであるから、逃げたところで逃げられないし、一生怯えて暮らすはめになる。すぐに助けていれば命だけは助かったかもしれないわけで、怪我ならいずれは治るし、誠心誠意を持って反省し尽くせば相手だって許せないまでも理解はしてくれるだろうし、なぜ人間としてそこができないのか。本当に人間は弱くなったのだなと思う。
飲酒運転だけを見ても、酒を飲んで運転する必要性はないわけで、これも歩いて帰るのは大変だとか面倒だとか、代行運転やタクシーは金がかかるとかそういう単純な理由ではないかと思うが、酔ってる酔ってないに関わらず、飲む場合は車やチャリで行くべきではないと基本的に自分自身を自制する能力がなければならない。たばこの禁煙にしてもそうだが、自制心が弱いとやはり無理であると思われる。
ひどい罰を与えても、その罰から逃げるためにひき逃げが増えるのなら意味がない。それに危険運転致死傷罪自体、あまり執行されないので、法自体が人間の命を軽んじているように感じる。人権も大事だが、命あっての人権だと思うのだが、どうしても加害者の人権に対しての考え方のほうが重きを置かれることは未だに変わらない。
ならばやはり、酒を飲んだら乗れない車を早く売ることが一番かもしれない。乗れなくすれば事故も減るだろう。他に方法はないのではないか。

自分が悪いことをしていながら反省をせずに虚勢を張る人間なんてごろごろいる。
もっと厳しくしなければならないことは厳しくあるべきだ。
子供への、教育と同じ。


テーマ : 気になったニュース    ジャンル : ニュース

  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

トイレ掃除

横浜市立学校、トイレ清掃復活へ/10年度から全校実施/教職員から賛否両論
11月5日22時0分配信 カナロコ

 横浜市教育委員会が、特別支援学校を除く全市立学校計五百校で、児童・生徒によるトイレ清掃をおよそ三十年ぶりに復活させることが四日、分かった。対象は小学三年生以上の予定。今月中旬以降、モデル校の小中学校十校前後に順次導入し、二〇〇九年度を試行期間と位置付けた上、一〇年四月から全校で本格実施する。教職員からは「身の回りのことを自らできるようになるのは重要」「感染症など衛生面に問題がある」など賛否両論が出ている。

 市教委によると、県内の公立学校では、横浜市の児童・生徒だけが全くトイレ清掃をしていない。トイレという共有スペースの便器や床、ドア、ノブなどを掃除することで、物を大切にする心や規範意識を養おうという狙い。少子化の影響からか、個人中心の考え方をしがちな子どもが増えているため、「公共の精神」を育てる目的もあるという。

 学校関係者のひとりは「トイレへの落書きや破損を含む暴力行為の件数が、〇五年度に過去最高に達したことも影響しているのではないか」と指摘する。

 過去に児童・生徒がトイレ清掃を実施していたこともあったが、一九七〇年代後半以降は「校務員の業務」と位置付けられてきたという。現在、小学校は昼休み、中学校が放課後にトイレを除く掃除を行っており、トイレ清掃もこの時間帯に行う予定。

 トイレ清掃の復活は教職員の反応を二分。反対派は「公共心が育つのか疑問」「ノロウイルスやO―157などに感染しない対策が取れるのか」と指摘。賛成派は「トイレをきれいに使うようになる」「身の回りのことを自らできるようになるのは重要」と主張する。

 モデル校となった中学校の男性校長は「トイレ清掃を通して、自ら社会を良くしていこうという心を養いたい。衛生面には細心の注意を払っていく」と話している。



トイレ掃除で問題になるのかい今の子供は・・・・。
トイレに行ってトイレを使用していながら、掃除をしないのか。

なんてあつかましい。
なんてずうずうしい。

人に掃除をさせるならいいわけなのか。
O-157やノロウイルスに感染するだの・・・。きちんと個々がきれいに使えばいいだけのこと。それに掃除をする人がいるからきれいに使えるわけであって、そんな感謝もしない子供に人の気持ちが分かるのか。
反対してる人はなんなんだ。我が子さえよければいいっていう風潮はなんとかならんのか。
学校は教育の場だ。トイレ掃除も教育の一環だ。
感染症が心配なら、しっかり手洗いを徹底させればいいだろう。そんなことは親の役目だ。
第一、菌なんてどこにでもあるんだ。今の子供がやわなんだよ。何でもかんでも除菌除菌ってやってっから。

甘いわ。

駅のトイレは使わないのか?公衆便所には絶対に行かないかなんてわかるのか?誰が触ったかわからないものでも触る機会なんてどこにでもあるんだ。いちいち警戒してたら何もできない。
そんなことを心配するよりも、病気になりたくなければきちんと手を洗うとか、
掃除をして、ものをきれいに使うことを知った方がいい。掃除をすれば掃除をする人の気持ちが分かるからやりっぱなしにはしなくなる。
女の子はトイレ掃除をするときれいになるのよ。知らないの?

教育の現場でこんなくだらんことを言ってるなんて情けない。
トイレ掃除に限らず、使ったものをきちんとするのは当たり前でしょ。




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。