あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. TV関係
  2. tb: 1
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

今日の女王の教室を見て語る。

コクリコクリしながら記事を書いてるriraですこんばんは。
かなり眠い(←マジ)



もうすぐ最終回も近いってことで、どのドラマもクライマックス展開です。

今日女王の教室見てて、とてもいいシーンがありました。

「なぜ私たちは勉強をするのですか」
「なぜ人を殺してはいけないのですか


生徒たちのこれらの問いに、阿久津マヤという教師は納得のいく、素晴らしい答えを言っていました。
これらの質問に対して、世の中の大人がどれだけちゃんと答えられるだろう・・・・・。

これはTVドラマだからいいけど、実際NHKの「10代しゃべり場」だっけ、あーいうのにこういう質問出てたなぁ。見た私はものすごくあほらしさを感じたもんだった。
この、至極当然のことを人に聞かねばわからないということが。
解るように説明をするということはとても難しいけれど、漠然とでもそれらの「どうして」に対する答えは誰でもわかっているものだと私は思っていたから。
けれど、こういう問いは問いで大切なのかもしれないなぁ。今の時代は小学生といえど人を簡単に殺すような教育しか受けていない子供が多いから。

そして、この阿久津先生というのは型にはまらない厳しい教育者だけれど、行き過ぎの点はあるけど置いといて、厳しい先生というのも今は少ないなあと思う。今じゃちょっと叩いただけで体罰だもんね。
高校野球の駒大苫小牧の事件もそうだけど、運動部は厳しくて当たり前。殴られてなんぼで、それをなにくそと思ってやるのが体育会系じゃないかなー。騒ぐほうが変だと思うんだけど。10発を20発にしたとか、んなことはどーでもいいと思うなあ。それにそういうことがあったから優勝取り消しとかいうのも話が違うて感じだしね~。優勝は実力だから、暴力沙汰とは関係ないもん。

私なんて学生時代は宿題忘れたら往復ビンタやらデコピンとか拳骨もされたし、先生が来るまでに日直以外席について、日直がドアまで開けてあげたり、校章組章忘れたらその子のいる列全員椅子の上で正座とか、出席簿で殴られたりとか別に普通にあったけど。騒ぎすぎなんだよね~今の親は。叩いて教えるべきときもあるのにね。

阿久津マヤって教師は、いつも毅然としていて、背筋もピンとしていて、自分の行動や言動に対してとても自信に溢れてる。厳しいようでちゃんと子供のことを見てる。

私は教師ではないけど、人生の勉強になりますねこの人のセリフは。
日々精進ですなぁ。


テーマ : 女王の教室    ジャンル : テレビ・ラジオ

  1. 2005.09.12 (月) 08:52
  2. URL
  3. まゆみちん♪
  4. [ edit ]

おはようございます!
あたしも女王の教室みてました。
そして、そのシーンあたしも感動したというか、マヤ先生の話を聞いていて涙が溢れてきちゃったんですよねぇ。。旦那がなんで泣いてると?!といっても、自分でもよくわかんないんだけど、涙が溢れてきちゃって。。息子も見てたんだけどね、そのシーンの時に、よく聞いててごらん。。といって見せてました^^
たかがドラマ、されどドラマ
あたし達が答えにくいようなことをも テレビを通して伝えてくれる時もある。。来週で最終回・・・もっと早くに見るべきだったって思いました^^
  1. 2005.09.12 (月) 12:31
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

>まゆみちん

(^-^*)/コンチャ!
初めは批判もかなり多かったようですこのドラマ。いい気分のするものではないシーンもあったので当然といえば当然なんですが。
泣けちゃったの、何か分かります。私も感激というか感動というかそういう気分でしたから。
私も子供に見せてます。和美ちゃんがいじめられるシーンもしっかり見せました。怖いけどこれが現実。まだドラマだからマシだけど、実際に同じようにやられてる子も今もどこかにいるはずです。こういうことを見てやってはだめなんだとかそういうことを少しでも考えたり感じたりするきっかけになると幸いかなと思います。

ドラマだからとバカにできませんよね。たくさん色々な作品を見ていろんなことを考え感じていきましょう。
「女王の教室」のHPで今までのストーリーが見られます。他のページよりもフラッシュ使いなのでTVを見てるように見られますよ。
再放送があったらぜひ初めから見てみてね~。批判が多いのでDVDにもならないかもしれないですが^_^;。

女王の教室
http://www.ntv.co.jp/jyoou/

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

  1. 2005/09/11(日) 00:41
  2. The Natsu Style

曲げない教育理念を持つ真矢の真意は…【女王の教室第10話】

毎週話題騒然の「女王の教室」その第10話。今回は第9話の時に予想した項目は殆どが見事に大外れしていた。真矢としおりの間で明かされていく真矢の過去。そして徐々に和美は真矢の教育方針の真意に気づき始めたのか、首を突っ込み始めた。クラスの中ではまるで和美が首を突っ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。