あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 趣味
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

DVD「樹の海」を見ました。

樹の海 スペシャル・エディション
富士・青木ヶ原樹海での自殺志願者たちそれぞれのエピソード。オムニバスっぽく作ってあります。
タイトルだけだと、微妙に怖さを誘うんですけど人間ドラマになっています。
私は興味本位ですが、どんなことが書いてあるのかと思って自殺サイトを見たことがあります。
でも私が見たサイトはどれも、テレビでよく見るような「一緒に死にませんか」というようなものではなく、「生きていればいいこともある」というような元気付けるものがほとんどでした。
それらのサイトの中で樹海にある看板が写真であったのを見ていたので、樹海という所は見たことはないけれど想像だけで何となくこんなかなっていう感じはありました。入ったら戻ってこれないんですよねここ。それは森の深さだけではなく、負の気も手伝っているような気がします。自殺の名所で有名な、自分で自分を殺す場所。その罪は人間の形から離れた後に償わなければならない苦しみとしてその場所に残っているような気がします。
映画は「生きる」をテーマに作ってあります。これを見て自殺志願者がとどまるとは思いませんが、手助けのひとつにはなるかもしれませんね。
「生きる」ことは簡単なようで難しく、難しいようで簡単だったりします。隣の芝生は青く見え、上ばかり憧れて、人を妬み嫉み、いい人になったり悪い人になったりしながら人間は死へ向かって生きていきます。
ほっておいてもいずれは死ぬ身。ならば花ぐらい咲かせたいものです。

私はあんな所で一人寂しく逝くのは嫌だなあ。
どんなことがあってもやっぱり、見苦しくても私は生きたい。
ちゃあんと、お迎えが来るまで。


テーマ : DVDで見た映画    ジャンル : 映画


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。