あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

奈良放火殺人

子供が事件を起こすたび、
わが子は大丈夫なのか、自分の育て方は大丈夫なのかと不安になります。


どんなに厳しくても、
愛情を感じていればきっとこんなことにはならなかったのではと思います。


うちも勉強はたくさんさせています。
でも遊びもたくさんさせています。
きついことをさせるけれど、
遊びに行くときはめいっぱい遊ばせるし、
誕生日などのイベントもめいっぱい祝います。
学校の行事にはほとんど参加していますし、委員会なども出ています。
いじめがあれば、本人に解決させますが力にもなります。
たまには、悩みとかない?と話もします。



小学生のうちは、親があれこれしてあげたり、言わなければしなかったりしますが、中学高校にもなればある程度はもう本人にまかせるべきです。そのために小さい頃にうるさいほど言い聞かせます。
いずれ結局勉強は本人のためであることがわかるだろうし、やる気があれば自分からやるし、したくなければやりません。決めるのは本人です。
その代わり、何か欲しければバイトさせたり、自分のことは自分で責任をとるということがどういうことかを理解してもらいます。


ただ上から押さえつけるだけでは反発心が生まれます。
行動に出す子とそうでない子がいます。
うちの長男は後者なので、特によく見ますし話も聞きます。甘えたいときは思い切り甘えさせているつもりです。
それでも、親の見ていないところのことはわかりません。だから学校行事にも参加して、他のお母さんたちのつながりを大事にします。そうすれば見てない部分のわが子のことが耳に入ってきます。


自分さえ、楽できてよければいいと
そういう親が多いのは事実です。
たとえ面倒であろうと、子供のためと、動いた方がいいと思います。
勉強だけがたとえできても、心の奥深くにあるものを見抜く洞察力を養うことが、親としての責任だと思います。
そして、それが愛だと思います。

親の責任は大きくありますが、
この少年のおこしたことが他人にあてたものではないことだけが救いといえば救いかもしれません。

でも、少年よ。
どうして、火をつける前に
怖くても、両親に気持ちをぶつけなかったのか。
キミには、口があるじゃないか。
お金を出してもらって塾も行かせてもらって。
本当はきついとか、
本当は嫌だとかならなぜそう伝えなかった?
うそなどばれたって、ごめんなさいですむじゃないか。
口で伝えれば、今頃分かってくれていたかもしれない。
分からなければ、家出でも何でもすればよかったのに。
火を放って、すべてを消してしまったって、
ゲームじゃあるまいし、やりなおせるわけないだろう?
頭のいいキミならば、分かっていたはずなのに。
16にもなって、なんて臆病なのか。
臆病は自分が一番大事な証拠。
臆病は時に、人を傷つけることもあるんだよ。


幼い兄弟がかわいそうだよ・・・・。
いまさら謝ったって、二度と家族は戻ってこないのに。



被害者にして、加害者の父親となったお父さんは、
今いったいどういう気持ちなのでしょうね。
きっと、たくさん振り返って、たくさん後悔しているのではと思います。
これからのこの少年の未来と、深い悲しみを背負って、
生きていかねばならない、親という立場。

切ないですね。

  1. 2006.06.29 (木) 00:30
  2. URL
  3. フウ
  4. [ edit ]

どーもです

riraさんの教育に対する熱意がわかります。
いろいろな手を尽くして、他の親から情報
を聞いたり、遊ぶ時は遊ばせたり、バランスの
取れた教育をなさっているのがわかります

親というのは大変なんですね

太字部のメッセージも印象に残りました。
「頭のいいキミなら何故わからなかったのか」
心にのしかかってくるような重い言葉です

話は逸れますが、マスコミにも責任があると
思います、少年犯罪を取り上げすぎでは
ないのでしょうか。自分のことをわかって欲しくて
さらなる犯罪が連鎖的に起こることが
本当に恐ろしいことです

そして、医者というエリート層を妬む心理を
ついたような、ワイドショー的な報道は本当に
止めて欲しいものです。

個人的には、この事件は報道しない方が
良かったのではなかろうかとさえ思います。










  1. 2006.06.29 (木) 10:51
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

こんにちは

フウさんこんにちは。^^
毎日暑いですねえ。私はばてばてです(汗)。

マスコミにも責任。同感です。
この事件が報道され、いろいろとTVを見ましたが、どうも少年に肩入れしたような内容のものも多く感じました。
少年は確かに同情すべき点はあったかとは思います。
しかしだからといって、罪の無い幼い兄弟や母親を火あぶりにしていいという理由にはなりませんよね。
かなり計画性のあるものであったようですから、本人はさぞや限界だったのでしょうが、厳しい家庭など他にもたくさんあるはずです。辛抱している子もきっといるでしょう。
確かこの事件の後に12歳の子が火をつけましたね。報道がさらなる事件をよんだのではと私も思いました。

親は子供のために一生懸命だったりします。
もちろんエゴもあったり失敗だってします。人間ですから。
私も偉そうなことを言ってますが将来のことはわからないし、自分が楽をしようと思わないわけではありません。
ただ、努力はおしまないつもりです。
残念ながらすべての親御さんがそうかどうかは、特に今の世の中わかりません。
お互いがお互いを認め、家族として団結して分かり合えるような教育が必要でしょうね。
こんな事件がもう起きないように。
コメントありがとうございました。
  1. 2006.07.02 (日) 10:30
  2. URL
  3. ジャリ
  4. [ edit ]

実はね・・・

あたしもriraちゃんと同じような事考えていた。
うちの子の育て方は間違っていないかな?
見てないところでのお子はイヂワルしてるみたいだし・・・
(プール教室でいっしょに泳いでるお友達を引っ張って
自分が先に行こうとしたり)あぁ~コレってもしかして家で
押さえつけちゃってるから外で発散してるの?とか・・・

大人ばかりの環境はいけないとおもいつつも
近所の友だちがいないのも事実なので・・・
小学校へ入れば又違うかな?今だけかな?とも思いますが。

取り留めのない文章になっちゃったけど・・・
これからもお子の為にも頑張っていかなくてはですね。
自分は自分。例え他の人が「楽したい」って思っていても
(私もあるけど)やらなければいけないことはちゃんとしていこうと
おもってるよ。この事件はなんだか加害者だけ悪いとは言えない。そんな事件ですね・・・・
  1. 2006.07.03 (月) 01:22
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

こんばんは~

やっぱり親が見てる時と見てない時って差があるよね。
だからこそ、見ようとする気持ちが大事なんだと思います。
ジャリちゃんの子供さんはまだ小さいから、これからまだまだ教えてあげられるよ♪
他の子を押しのけて自分が前にという競争心があるのは悪くはないけれど、引っ張ったりしたらお友達が嫌な気持ちになるよとか。
あとはたくさん本を読んであげると、そこから思いやりを学んだりできるんじゃないかな。
子供同士の接触は大事だから機会があればたくさん参加してあげられるといいね。
もちろん学校へ行けばまた色々な子がいるから、そこで協調性や社会性を学んで、傷ついたり傷つけられたりしながら強くなっていくと思います。
えらそうなことを書いてますが、私の子達も甘えてばかりで言うことを聞かないし困ったものです。親の理想とはなかなかかみ合わないもんですね。
ただ、この事件の加害者のような子にだけはならないよう、日々精進していくしかないようです。ああしんどい(^-^;。

お互い頑張ろう!!


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。