あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

靖国参拝しましたね

15日からすでに二日はたってしまったんで今更ですけど、一応この記事を載せてたんでコメントをひとつ。


すげーな小泉純一郎。なかなかできねーよあんだけ言われてて。


まぁ、いろいろ問題はあるでしょうが私的にはよかったかと。
あとあと外交大変だろうなぁ(^-^;。

でもね、NOと言える日本であってもらいたい。
できれば悪いことは悪いことでちゃんと認める国であってもらいたいけど。
利益を追求するということで何でも動いてるところあるから、なかなか理想通りにはいかないでしょうけどね。


今の教育とかその他もろもろ客観的に見ていると、韓国のように徴兵制があったりとかもいいと思ったりもします。
戦争をするとかじゃなくて、今の平和ボケして植民地化してる日本を脱却し、もっとしまりのある国になってもらいたい。
だって今、おかしいもん。
靖国がそれにつながるわけじゃないけれど、何かといえば戦争に結びつけたり、なんていうの、教育で言えば、子供を守ってばかりでわざわざ線路引いてやって手をつないでやってこけたら起こしてやってみたいなのはちょっとどうかと思うわね。
ライオンの子育てみたく、厳しくしないといかんときもあるし。
もっとこう・・・・命を大切にすることの意味とかを言葉だけじゃなく行動や体験で学ばせる必要性ってあるんじゃないのかなぁ。
例えばアリを潰すことによって子供は命というものを知るというようなさ・・・・。これって残酷だけど、適度に必要だったりすることでね。


うまくいえんけど。


靖国に参ったからやれ戦争だ、戦争を起こした奴らを崇めてるとか、なんか極端だなと思うのよ。
もう亡くなった人のことを色々と言うのとかってどうかと思うのね。
戦争なんだもの、何があってもおかしくないわけでしょ。
誰が言った言わないやったやらないの世界だしもう60年以上たっちゃってわからないことも多いし。
だったら、神社に参った参らないとかそんなことよりも、歴史をきちんとこれからの子供たちに伝えていく努力をすることの方が重要だと思うんだけどなぁ。
重い罪を背負って生きていかなければならないけれど、それでも生きてる限り許したり許されたりすることって必要だと思うしね。
平和を望むならなおさら、たかが神社のことで騒ぐんじゃなくて、手を取り合って協力していこうって気にならないものなのかと・・・。
やっぱり裏には利益とか政治的意図などの大人の都合みたいなのが動いてるだけだと思っていやなんだな。純粋な気持ちではないっていうかね。それこそ戦没者に対して失礼だと感じるのです。


戦争に関してはほんと、心が痛くなりますよ。戦争映画なんてずっとしかめっ面してみちゃうもんね。
人を殺すと狂うんだよね。人間は。
人間だけなんだよね、生きるため以外で殺しあうのは。
もう二度と、痛ましいことが起こらぬよう、今年も心から平和を願ってやみません。




 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。