あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

なぜこんな人が亡くなるの

東京都板橋区の東武東上線ときわ台駅で今月6日夜、線路内に入り込んだ女性(39)を助け出そうとして電車にはねられ、意識不明の重体になっていた警視庁板橋署常盤台交番の宮本邦彦巡査部長(53)が12日、治療を受けていた同区内の病院で死亡した。
 事故現場や同交番では、回復を願い続けてきた近隣住民らの弔問が引きも切らず、悲報に触れた安倍首相や溝手国家公安委員長らも相次いで同署に駆け付けた。
 同署によると、宮本巡査部長は頭の骨を折って重体となっていたが、同日午後2時25分、意識が戻らないまま、妻や長男らに見取られながら息を引き取った。
 事故後、同交番には、近隣住民や地元小学校の児童らが、回復を祈って作った千羽鶴や花束が続々と届けられ、同署にも連日、激励の電話や手紙が寄せられていた。
YOMIURI ONLINE



こうやって、ちゃんとお仕事してるいい警察官が亡くなってくんだよね。
自殺志願者のためなんかに。

自殺したいならさぁ。
人に迷惑かけずに勝手に逝ってくれよ。
生きる資格がないとかなんとか叫んでたらしいけど、
だったら尚更じゃん。
この自殺志願者がこの踏切で命を絶ったとしても、
汽車は止まるし、利用者は足止めされるし、
この踏切を管理してる人たちが責任かぶるし、
親兄弟も迷惑かけられるし、

そんなこともすべてわかってて
踏み切りを死に場所に選んだのかしらね。


世の中苦しいことだらけなのは当たり前。
でも同じだけいいこともあるはず。
苦しいことを乗り越えられない弱い奴だから
たとえ自殺してもまた同じ人生がやってくるのだよ。
自殺は逃げと同じ。
そして殺人と同じ。
生きている人たちに迷惑をかける行為。

そんな自分さえよければいい奴のために
ちゃんとした人が亡くなるなんて
それこそ
哀しい世の中だ。

人気ブログランキング
↑よかったらポチっと

テーマ : 悲しい出来事    ジャンル : ニュース

  1. 2007.02.13 (火) 13:38
  2. URL
  3. l-marsh
  4. [ edit ]

ですね~。
私も昨日、riraさんと同じようなことを
旦那に延々と言ってました。

結構、思ってるようになると思うんです。
辛い、嫌だ、って思えば
どんどんそのような方向へ進むような気がします。
結局は自分次第だと思う私は冷たいのかなぁ(’’;)
  1. 2007.02.14 (水) 00:13
  2. URL
  3. rira@管理人
  4. [ edit ]

こんばんは~

l-marshさんコメントありがとうです。
いえ。冷たくないと思います。私も同じ考えです。
なぜって私は愛ある暖か~い人間ですからね~ww

マイナス思考の方は、好きでそうなんだと思うぐらい、
わざわざ悪い方へと進むんですよね。
たとえ嫌なことがあっても、前向きな人は乗り越えていくんですよ。
生きてるんですから試練があって当然と考えて受け止めていけば、どんなこともいつかどうにかなっていくと私も考えます。

くじけそうになっても、
今はまだ、平和なんだからいいじゃないかと思いますけどね。
戦争中とか内戦ばかりの国のことを思えば
命あってのものだねですよね。
  1. 2007.02.15 (木) 20:39
  2. URL
  3. フウ
  4. [ edit ]

自殺をする人は、借金を重ねる人と同じように、悪い循環に陥っているんでしょうね。

失敗が失敗を呼び、最後にはやる気を無くす
→自暴自棄→殺人、自殺

しかし、RIRAさんの言うとおり
死んだ時点で負けですよね。
100回失敗しても、101回目がありますし。
借金でも、法的に自己破産してやり直せるし
(あまり、良いとは言えませんが)

死んだら、再挑戦すら出来ませんよね
  1. 2007.02.18 (日) 00:22
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

そうですよ~。死んだら終わりです。
まぁ、死後の世界に再起をかけるのもありかもしれませんけど(笑)必ずしもそこがいいところとは限らないですしね。所詮、逃げは逃げです。一度逃げたら一生逃げなければならなくなるので・・・。

結局この女性も助かったけど、人を殺したも同然になってしまいました。警官が助けた命だから大切に頑張って生きようと思うか、自分のせいで警官が死んだことを重く感じ、今度は人知れず死を選ぶか。
たかだか30ちょっと生きたぐらいでくじけていてはどうしようもないです。まだまだ長い人生、もっといいものにするためにも彼女がこれからしっかり生きていくほうを選んでくれるといいのですが。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。