あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 5
  4. [ edit ]

弔い選挙

長崎市長選挙、元市長の家族、敗れましたね。
私は別にこれでいいんじゃないかなと思ったんですがどうでしょう。

3日しかなかったので両陣営とも必死になってましたよね。元市長の娘の婿さんの方、気になったなぁ。
何がって、親族の戦略が。

確かに、元市長は無念だったろうとは思います。
でも、それとこれとは別だと私は思うんですよ。
元市長さんが銃弾に倒れ亡くなってしまったこと、これもまた気の毒だし残念だとは思います。でもだからといって、親族であるということ以外、ほとんど関係のない・・・まぁ新聞記者ではありましたが、娘婿が出たからって=市長ってちょっとどうかなと思ったんですよね。
無効票がたくさんあるみたいですよね。伊藤一長さんに投票されてて。
でもこれも、亡くなってしまった以上、候補者という枠からは外れてしまったわけですから、気持ちの問題で書いてあるだけで選挙というものには何ら関係ないように感じます。その票は、白紙と同じ扱いになって当然でしょう。いないんですから。そういう投票をしていて、自分の票はどうなるっていうのもおかしな話です。期日前投票の時点では確かに候補者ですが、基準はあくまで「期日」時点ですので、残念ながら無効として扱われるのが普通でしょう。
当選になっても困るし。

冷たいかもしれませんが、同情やお涙頂戴で政治はできない。
話が別です。
だから、娘が落選した時に長崎市民に対して「父に対する気持ちはこんなものか」みたいなことを言っていましたが、お門違いだと思います。
父親のやってきたことを自分たちがやってきたような勘違い。ちょっとどうなのかしら。
はっきりいってまったく関係ないでしょ。
それをあの態度・・・。ふらふらになっちゃって。逆に私はひきました。
気持ちは分かるけど、出るなら出るで最後までたとえ敗れても毅然としていて初めて感じるものがあると思います。辛いのはわかりますが、あんな醜態をさらすぐらいなら出ない方がいい。それに志を同じくして対立候補者も出ているわけだからいいんじゃないですか?「伊藤一長の意思を告ぐ」という意味では。


凄く可哀想でしょ?辛いんですよ、悲しいんですよ、とても無念なんですよ、残念ですよ、ひどいですよ、だから投票して、私たちに。
って・・・・おかしい。
気持ちは何度も言うけどわかるさ。でもそういうの、武器にするもんでもないじゃん。逆にヒンシュクだなと思う。
勝負するなら政策で勝負しよーや。


ま、私は長崎県民じゃないけどね(笑)。


人気ブログランキング
↑よかったらポチっと






  1. 2007.04.24 (火) 01:07
  2. URL
  3. ズィロ
  4. [ edit ]

はじめまして(ですよね!?)



私のサイトで

こちらの記事を紹介させていただきました。



紹介記事は

http://blog.livedoor.jp/zero_kenzen/archives/53859177.html

です。



よろしくお願いいたします。
  1. 2007.04.24 (火) 06:09
  2. URL
  3. クルトンパパ
  4. [ edit ]

長崎県民ですが

正論です。
一議員なら、将来を期待して、女婿でもよかったかもしれませんが、県都の市長は市民から見て彼では無理だ、と判断したのでしょう。
数多くの無効票、白票の存在が、伊藤氏に対する市民の思い。
伊藤一長の存在と、女婿に投票すると言うのは、同じ事じゃないですからね。

まあ、突然父親を失い、激烈な選挙戦を戦い、敗れた直後、気が昂っていたという事で、これ以上責めないで上げてください^^
  1. 2007.04.24 (火) 23:56
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

>ズィロさん
初めましてです。紹介記事ありがとうございます。
記事についてのコメントも欲しかったかなぁ。
また機会があったら気軽にコメントして下さいね☆
書き込みありがとうです^^。


>クルトンパパさん
あれ?クルトンパパさんて長崎でしたっけ。気がつかなかった(汗)。
「そんなことないですよ」的なコメントじゃなくてよかったww
新しい市長さん、顔はいい人そうだけど、どこまでやってくれるのかはわかりませんが、田上さんのこれからに期待ですね。
>これ以上責めないで
はははw いや~だってわざとらしいんだもん…。
あ、また言っちゃったや。ここまでここまで(笑)。
  1. 2007.04.25 (水) 23:44
  2. URL
  3. フウ
  4. [ edit ]

お久しぶりです

同情を誘う報道ですか・・・
RIRAさんの論理的な意見にはいつも
脱帽させられます。

この間のイジメ問題の記事と同じように
マスコミの同情的な報道に対する
怒りを感じます
  1. 2007.04.26 (木) 00:06
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

こんばんは^^

いえいえ、私もフウさんの切り口には「うぅっ」って焦ったりしてますよー。
そうですね、マスコミはちょっと偏りがちなんですよね。
選挙とかは特に平等に見ていただきたいですな。
亡くなったということは家族にとってとても大きく辛く悲しい出来事だったことは事実ですが、だからといってそれに甘えることは逆によろしくないのではと感じてます。本当に本当にお気の毒なんですけどね。

いつでも冷静に正しい判断ができる人間でいたいですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。