あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 日記
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

いじめ

うちでは昔二匹、金魚を飼っていました。一匹がもう一匹を追い回し、いじめていました。
いじめっ子金魚の体はかなりでかくなりました。
相変わらずずっともう一匹をいじめていました。
とうとういじめられた金魚は病気になりました。もう一匹は同じ水槽なのに病気にはならないのにです。今思えばストレスからだったのかもしれません。
病気になった金魚はそれでもつつかれ、しまいには死んでしまいました。大きな金魚は、死んでもまだ、つついていました。
私は、見てるだけでした。
いじめられた過去のある人は、人をうかがうように話をします。
嫌われないように気を使う人が多いです。
子供をそんな風に、自信のない子にしたくないです。
金魚は見殺しをしてしまいましたが、子供は助けてあげたい。たとえやられてることがたいしたことでなくても。

子供が私に、いじめられてると言いました。
悔しそうに泣きました。
思い切り泣かせてあげました。
私の子供は、本当に、本当に、皆と仲良くしたいと心から思ってる子です。
いじめられてる人がいたら、助けてやる優しい子です。
親の欲目じゃなく、本当に優しい子なんです。
いじめられていても、相手と仲良くしたいというんです。
だから、なぜ社会性を学ぶ場所にいるといつも、特定の誰かから攻撃されるのか、不思議で悲しいです。
けれど、現実です。

克服できたと思っていたけど、根は深い。
今子供が出来ることはやられたらやり返すことぐらい。
もうそれしか道が残っていない。
精神的苦痛と同じ肉体的苦痛を与えるほかない。
こうなると暴力もやむなしといったところでしょうか。
うちの子はできるけど、できなければどうなるのだろうか。
大人が出てしかるべきだと思う。

殺人はだめなのにいじめはいいのか。
戦争はだめなのにいじめはしかたないのか?
どちらも、死ぬ人がいるじゃないか。


明日、学校に出向きます。

テーマ : いじめ    ジャンル : 学校・教育

  1. 2007.06.25 (月) 06:26
  2. URL
  3. クルトンパパ
  4. [ edit ]

戦ってください

いじめと言うのはなくなりませんね。が、だからと言って、許されるものじゃ有りません。

お子様に戦えと言うのは大変です。
riraさん、戦ってください。何にも出来ませんが、応援させていただきます。

それでも無理なら、とにかくお子様の事を第一に考え、色んなケースをお考え下さい。
  1. 2007.06.26 (火) 11:02
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

ありがとうです!!

昨日さっそく学校に行きました。校長先生にしっかり伝えました。んで担任が家にも来て話をしました。
誠意は感じるんですが、やっぱり認識が甘いですね。
陰に隠れて行われるのがいじめなので、気になっていたならもっと真剣に見抜いていただきたいものです。
毎日の生活の半分以上を学校で暮らす子供にとって、毎日繰り返される嫌がらせはいじめ以外のなにものでもないのに、教師側は喧嘩という認識でしかありませんでした。

席替えをしたそうなので、しばらくまた様子を見ます。
その程度で解決できればいいですけど、子供には何かされたら怪我させてもいいから蹴ってこいと言いました。実際昨日も本人は蹴ったようです(笑)。

必要に迫られて仕方なくする力での抵抗を子供にさせなければならないとは悲しいものです。まったく今までの親が体罰だなんだと騒ぎすぎた結果が、子供のいじめを増長させてるように思います。
先生ががっつり殴ってでも悪いことは悪いとしかることができたならかなり違うんですけどね。口だけではなかなか難しいですよね。

応援ありがとうございます!。これからも頑張っていきます。^^

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。