あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

恐ろしい16歳

2007/09/18-22:44 父の女性問題で悩み=おのは1週間前に購入-警官の父殺害の二女・京都府警
 京都府京田辺市の民家で18日未明、府警南署の巡査部長(45)が首を小型のおので切られて死亡した事件で、殺人容疑で逮捕された専門学校生の二女(16)が「お父さんが他の女性と付き合っているから嫌いになった」と供述していることが同日、分かった。
 殺害に使ったおのについて、「約一週間前に購入した」と供述していることも判明。府警田辺署は二女が父の女性関係に悩んだ末、事前に父親殺害を計画していた可能性もあるとみて調べている。
---時事通信社より---



16歳って何してたかなぁ。
高校生ですよね。入学して間もないか、ともかく1年か2年。
父親のことなんて特に意識したりしなかったけど。友達の方が大事みたいなところない?このぐらいって。学校や部活が全てみたいな。
父は仕事仕事だったし家にいないことの方が多かったし、
私はそれなりに尊敬もしてたけどどうなのこれ、って思うことも別に普通にあったけど、

一緒に下着洗うな、とか

お父さんの後はトイレは嫌だ風呂は嫌だとか、

そんなよくいう思春期の反抗?みたいなのは特になかった。
冷めてたし。
小さい頃から結構客観的に物が見れてたし、ヤンキーになる子とかを「甘えてる」って思ってたもんね。
父親のことも人間としてみてたところもあったから嫌悪感も特になく。
いわゆる鈍感力も備わってたようでして。(笑)
この子の嫌悪感=殺意に変わったってことなのでしょうかねこの理由からなら。
でも、


殺すまでするか?



短絡的すぎやしませんか。

子供ですから親の影響はとてもあるとは思いますし、親がそのようにしたところももちろんあるとは思います。
でも自分の16歳の頃を考えると、今こうして事件を起こす高校生ぐらいの子の動機とか聞くと、非常に短絡的で自己中心的で浅はかなものばかりで、頭が悪いというか、馬鹿にするわけじゃないけどちょっともう少し思慮深くなったらどうかというか、人それぞれ立場があるんだからとか、親には親の人生や理由があるのにとか私なら考えますけどね。
自分のしたことで、例えば兄弟姉妹の人生が台無しになるとか、
お母さんが悲しむとか、
親戚の人たちや自分に深く関わる人たちがその後受ける苦しみを思えば、例え自分が相手を憎くても殺すまではできるものじゃない
と思うんですよね。
もう16にもなればそのぐらいの配慮というか思いやりとか持てるはずと思うのだけれど、それがない子が多い。辛抱足らない。

世の中父親以外にもいろんな男性がいて、嫌な奴気持ち悪い奴臭い奴汚い奴、ほんとたっくさんおるわけですよ。
自分と生理的に合わない人もたっくさんおるわけでね。
それは女性に限らず男性側からも同じようにきっとおるわけですよ。
そのたびに殺すわけにいかんでしょう・・・。
父親は父親だけど、男であり人間なんであって、子供の為だけに人生生きてるわけでもない。
斧まで購入して殺すとは何とも理解しがたいことです。
初めはね、性的虐待でもされてんのかと思ったけど違うみたいだし、殺すほどのことなのかまったくわからない。
潔癖すぎたのかしらこの子は。


男は浮気する生き物よ。
浮気は男の甲斐性とも言うわよ。
据え膳くわぬは男の恥とも言うわよ。



娘だからね、嫌悪感はあったんでしょうけど、殺意に発展するとは・・・。
「嫌いになる」まででしょうよ普通。
斧だよ?斧。物凄いよ。スプラッタだよ。
ここまで育ててもらっていながらよくもそんな恐ろしいことができるな・・・。
もっと勉強しなよ。人生ことわざでボンボン出てくるぐらいなら物事冷静に考えられるものだよ。
暇な時間が多いからおかしなこと考えるんだ。
暇なら映画でもみなよ。「手紙」って映画見ればよかったのに。
犯罪犯した奴の家族がどんな目にあうのか少しは感じられればよかったのに。


・・・どんな親でも、親は親だし人間だっつーの!
嫌ならとっとと働いて一人暮らしでもなんでもすればいいやんか。
人生棒に振ってまでするほどのことか。
やった奴はすっきりしていいかもしれんが、お姉ちゃんが気の毒だ。
魔女の絵とか血の絵とか描いてたみたいだし、この子おかしいよ。

寝てる間なんて。
おちおち寝てもいられない。


人気ブログランキング
↑よかったらポチっと


テーマ : 怖い事件    ジャンル : ニュース


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。