あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

なんだこいつ

「光市事件の死者は1.5人」 准教授の記述で青山大学長が謝罪
4月25日22時33分配信 産経新聞

 青山学院大学(伊藤定良学長、東京都渋谷区)は25日、同大学の教員が個人HP(ホームページ)に記した記述が不適切だったとして、学長名義での謝罪文を大学HPに掲載した。

 問題となった記述は、国際政治経済学部の瀬尾佳美准教授(環境経済学)の個人HP内のもの。この中で「私は死刑廃止論者ではない」としつつも「少年に対する死刑には原則反対」と主張、山口県光市の母子殺害事件で殺人や強姦致死などの罪に問われた元会社員の被告(27)=犯行当時(18)=に死刑を科すのは重すぎるとして、「最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ」「まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので『傷害致死』の可能性は捨てきれないと思っている」などと持論を展開した。

 さらに、被告弁護団に対する懲戒処分請求を呼びかけた現・大阪府知事の橋下徹弁護士について「大阪府知事なんかエロノックだって務まったくらいですから誰でもかまいません。ま、人間の廃物利用ってところでちょうどいいじゃないですか」と述べたり、差し戻した最高裁の判事の妻について「おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう」などと書き、ネット上で批判の声が上がっていた。

 この騒動を受け、伊藤学長は「当該教員の記述は適切でなく、また関係者のみなさまに多大なご迷惑をおかけしたことはまことに遺憾であり、ここに深くお詫び申し上げます」と謝罪、「今後このようなことが繰り返されることのないよう努めてまいります」とする声明を大学HPに掲載した。



なに言ってるんやらこの人は・・・。
「赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので」とか
「おそらく専業主婦でTVばっかり見ていたため洗脳された」とか。
1.5人ってのも・・・。

死ぬようなちょっとしたことってなんだ?赤ちゃんは普通に扱ってれば死なねーよ。
だいたいこの加害者は叩きつけてるし、首絞めてるし。どこが「ちょっとしたこと」だっつの。
1.5人ってのべ人数じゃあるまいし、0.5なのか赤ちゃんは。一人二人と数えないのかこの人は。
虐待死はどうなるんだ0.5なら人として数えないのか。なら罪にはならないのか。
おそらく専業主婦ってなんだ。テレビばっか見てたとしても旦那の仕事とそれと関係ないだろう。
その最高裁の判事の考えもその妻の立場や考えも侮辱してるよ。
個人的意見とはいえ、立場のあるものがちょっと軽はずみ。

死刑廃止論者であろうがなかろうが、こういう発言は正論かどうかということではなく立場ある人なら控えるべきではなかろうか。
人が死んでいるのです。
人によって人が二人殺されているのです。そこを忘れてはならない。
そして犯罪者は国によって正当に裁かれ、死刑という判決が下された。
それは国という名のもとにその者を殺すわけです。
刑が執行されて以降、被害者は死刑囚の命までも背負っていかねばならないという重たい重たい重たいことなのです。
第三者であり、しかも立場あるものが軽々しくも被害者の人数を1.5人だなどと言うものではない。
毎度毎度どうしてこういうこと言う人がいるのか。

「死刑はどうか」と言う人に限ってこういう「どうなのそれ?」っていう発言をするんだよね。
ちゃんとした意見ならなるほどとも思うけど、全然思えないし。
少しは考えて言いましょうね。いったい何を勉強してるんだか。
っていうかなんで本人は謝らないんだよコラ。

人気ブログランキング
ポチお願いします





 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。