あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 個人的見解
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

飲酒運転と引き逃げ事故

人間は学ぶことができる生き物だと思うが、どうしてこう飲酒運転によるひき逃げが絶えないのだろう。
ひき逃げをする気持ちはまずはやっぱり「怖い」とか「やばい」とかだと思うが、それは人間の心理だから分かるといえば分かるが、ことが人間の命に関わることであり、重大犯罪になり、殺人になることであるから、逃げたところで逃げられないし、一生怯えて暮らすはめになる。すぐに助けていれば命だけは助かったかもしれないわけで、怪我ならいずれは治るし、誠心誠意を持って反省し尽くせば相手だって許せないまでも理解はしてくれるだろうし、なぜ人間としてそこができないのか。本当に人間は弱くなったのだなと思う。
飲酒運転だけを見ても、酒を飲んで運転する必要性はないわけで、これも歩いて帰るのは大変だとか面倒だとか、代行運転やタクシーは金がかかるとかそういう単純な理由ではないかと思うが、酔ってる酔ってないに関わらず、飲む場合は車やチャリで行くべきではないと基本的に自分自身を自制する能力がなければならない。たばこの禁煙にしてもそうだが、自制心が弱いとやはり無理であると思われる。
ひどい罰を与えても、その罰から逃げるためにひき逃げが増えるのなら意味がない。それに危険運転致死傷罪自体、あまり執行されないので、法自体が人間の命を軽んじているように感じる。人権も大事だが、命あっての人権だと思うのだが、どうしても加害者の人権に対しての考え方のほうが重きを置かれることは未だに変わらない。
ならばやはり、酒を飲んだら乗れない車を早く売ることが一番かもしれない。乗れなくすれば事故も減るだろう。他に方法はないのではないか。

自分が悪いことをしていながら反省をせずに虚勢を張る人間なんてごろごろいる。
もっと厳しくしなければならないことは厳しくあるべきだ。
子供への、教育と同じ。


テーマ : 気になったニュース    ジャンル : ニュース

  1. 2008.11.18 (火) 06:21
  2. URL
  3. クルトンパパ
  4. [ edit ]

No title

個人的には、厳罰化をもっと徹底的にやるべきだと思ってるんですね。飲酒運転とかひき逃げは、死刑も有るんだと言うくらいまで。

ただ、それでもやる奴はやるんですよね。
これが無くなるかどうかは、結局、個々がどういう意識を持つかと言う事。

これほど飲酒運転、ひき逃げが言われているのに、きっと、昨日の夜も飲酒運転で帰った馬鹿が全国に一杯いるんでしょう。
どうにもならない気がする片方で、とにかく、言い続けること、これ以外、飲酒運転を無くす方法は無いような気もします。
  1. 2008.11.20 (木) 23:51
  2. URL
  3. ロンリーボーイ
  4. [ edit ]

No title

厳罰化によって3割も事故が減ったそうな。

>ひどい罰を与えても、その罰から逃げるためにひき逃げが増える
>のなら意味がない

検挙率をもっと上げて死刑にすべきだ。
「この程度の罪ならこの程度の罰」なんて計算してるやつが
結構いるんじゃあないか?だったら「死刑!」
それも即日執行!死刑囚には人権など考えずに良いから
飯も食わさず水も飲まさずそのまま放置しておく。

働くのが嫌で刑務所暮らしを望む馬鹿まで出てきてるようだから
税金でそんなやつらを殺したり生かしたりするのも勿体無い。
  1. 2008.11.24 (月) 23:13
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

>クルトンパパさん

言い続けることは基本ですよね。それをやめたら終わりですし。
なくなることはないと思います。いじめなどと同じで。
それでも、やっぱり一人ひとり、ちゃんとした意識を持っていくことが、大人としての責任だと思います。
  1. 2008.11.24 (月) 23:32
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

>ロンリーさん

いつ見ても過激ですなぁ(^-^;。
気持ちは分かるんですけどね。
私は死刑や厳罰も賛成ですけど、安易に決められないことだとも思っています。
難しいことですけど、相手を反省させ、本当に悪かったと思わせることがやっぱり一番重要だと思います。
こんな事故を起こすことがないよう、私は安全運転を心がけていきます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。