あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 日記
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

たばこが1箱1000円に値上げされたと仮定すると、その後20年間でたばこが原因となる死者を約6万人減らせることが、厚生労働省研究班の試算で分かった。喫煙率の最新データがある平成18年を基準に計算。500円でも禁煙成功率が高ければ、同等以上の効果があるとしている。

 研究班の片野田耕太国立がんセンター研究員は「値上げは禁煙のきっかけになるが、それだけでは依存に苦しむ人をより苦しめることになる。楽にやめられるようサポートが必要」と話している。

 研究班は、たばこ1箱500円、700円、1000円と、禁煙成功率が「低」(全員が自力で試みた場合=13%)、「中」(現状=16%)、「高」(全員が禁煙治療を1回でも受けた場合=33%)、「最高」(全員が5回の禁煙治療を完了した場合=46%)を組み合わせた計12パターンを設定。喫煙ががん死亡に与える影響などから、20年間でどれだけ死者を減らせるか試算した。

 この結果、禁煙成功率が現状の「中」で1000円に値上げされた場合、死者は5万9000人減少。700円の場合は4万4000人、500円では2万人だった。

 一方、500円でも成功率が「最高」なら6万5000人減らすことができ、1000円で「中」「低」の場合より効果が高かった。1000円で「最高」の場合に、減少数が最大の19万5000人となった。

 現在、禁煙を試みる人の7割以上は自力で行っており、研究班は、たばこ値上げと同時に成功率の高い禁煙治療の普及が不可欠だとしている。(産経新聞)



私も何年か前は喫煙者でしたが、今は全然吸っていません。


あれって習慣だと思うんですよね。だから買わず、そういう間を作らなければよい。
私の場合、値上げをきっかけにやめました。年間で考えたらかなりの金額ですからね。
それになんとなくやっぱ・・・・教育上よくないよーな・・・。
いや、そんなまじめな人間でもないんですけども。



とはいえ、依存している人にはつらいことでしょう。
それに周りに喫煙者が多いとなかなか意思がよっぽど強く、やめる目的がなければ難しい。


お客さんも喫煙者、結構多いです。吸わない人もそれなりに多いけど、喫煙者もまだまだいます。
しかも女性の多いこと。びっくりしちゃう。若い人。
自分は人が吸おうが常識があれば別にいいんですが、見ていて一番よろしくないのは、子供いるのに、しかも赤ちゃん連れてきて喫煙席を選ぶ人。その方が女性でスパスパしてると蔑みの目で見てしまいますね・・・。害があるのに、少しの間自分の欲求ぐらい子どものために辛抱できないんだろうかって思っちゃう。食事の時ぐらい我慢したら?って。
店全部禁煙にしてほしいわー。



たばこって煙いうえに周りをとっても不快にし、汚します。お金もかかるし病気にも近くなります。
歯も汚くなるし。息も。においも髪の毛とかついちゃうし。ゴミも出る。火事のもとにもなる。
やめたほうが健全なのは確かです。
マナー悪い人も多いし・・・。なぜか女性は特に下品な人が多い。なんでだろう。


たばこ、値上げ賛成です。あんまり馬鹿高ければやめるきっかけにはなると思う。
タスポはあってもなくてもあんまり変わらないし。コンビニとか一部では普通に売ってるし。


たばこやめたらご飯おいしいよ♪
女性はやっぱり、吸ってもいいけど美しさを忘れないでもらいたいなぁ。



  1. 2009.04.02 (木) 21:00
  2. URL
  3. ロンリーボーイ
  4. [ edit ]

値上げ反対!

僕がタバコを吸いだした頃,セブンスターが
100円だった記憶が。

其の頃,缶コーヒーが100円だったから
コーヒーは1.2倍,対してタバコは3.0倍!

取りやすいところから取るってのは頂けない。みえみえじゃん?

公務員の僕が言うのもなんだけど
「役所の試算」ほど当てにならないものは
ないよ?(笑)
  1. 2009.04.02 (木) 22:44
  2. URL
  3. rira
  4. [ edit ]

へ~100円・・

とりやすいところからってのは確かにね。

私は健康上の理由でやめられるもんならやめてくれればいいなという感じっすね。そのきっかけになるならいいんじゃないかしら。
上げても困るのは喫煙者だけだし、タバコやめても健康にはいいし節約になるしゴミは減るしとメリットのほうが多くてデメリットが少ないからいいんじゃないかと。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。