あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 日記
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

また安易な発想

故・梶原一騎氏の実弟、真樹日佐夫氏が『タイガーマスク』実写映画化を明言
オリコン 2月11日(金)12時46分配信

 全国に広がった子どもたちへのランドセルなどのプレゼント運動で注目された伊達直人こと『タイガーマスク』。1960年代後半から70年代前半に人気を集めたこのプロレス漫画・アニメが実写映画化に向けて動き出した。原作者の故・梶原一騎氏の実弟で、空手家の真樹日佐夫氏は10日、ORICON STYLEの電話取材に応じ、「5月クランクインして、11月公開を目指す。シナリオを書いているところで、まだキャストも決まっていない」と話した。

 『タイガーマスク』は、プロレス界を舞台に、日本人初の悪役覆面レスラー・タイガーマスクが、自分が育った孤児院「ちびっこハウス」の経営難を救うため、正義のヒーローに転向して、反則技を封印して悪の組織と戦う物語。

 真樹氏は世界空手道連盟『真樹道場』設立し、後進の指導に当たっているほか、真樹プロダクションを主宰し、映画プロデューサーとしても活動。小説家として1968年に『凶器』で第33回オール読物新人賞、2000年に『兄貴』でJLNA文学賞特別賞を受賞している。




ん~・・・


ん~・・・


どうなのこれ。どうなのこれは。


ヒットすると思う?


私は思わないけどねぇ・・・。


空手家で映画プロデューサーで小説家の方がどれだけかしんないけど、


なんつーか、やっぱりオリジナルじゃないし。


どうしてこう、ちょっと話題があったこととかに飛びつくのかしら。


今更明日のジョーとか、今更タイガーマスクとか、なんで?


明日のジョーも山Pだからまだそのファンが見るだろうけど、それ以外なら無理でしょ。


ヤマトもこけてるのにどうして今更昔のアニメに・・・


あ、もうネタ切れだからかねー。


こと映像に関しては中国のパクリを笑えない気がするわ。


まったく最近のはオリジナリティーがない。


たいして上手な俳優もいないし、ジャニばっかしだし。


第一芸能人がたいしたことないっつーか・・・AKBとか普通だもんなぁ。かわいいけど普通すぎる。


そのへんにいそうだし、そのへんだとかわいいけど、芸能界だと普通なレベルなんだよね・・・。


すっげー綺麗とかすっげーかっこいいとかがほんと少ない。


いても外見だけだしな~。歌は普通にうまいぐらいだとか、演技もトークもいまひとつとかさ。


お笑いも似たようなのが山のようにいるし。


頭悪いのがTV出てて、非常識的なことをしゃべってるのを見てるとこっちまで頭悪くなる。


全体的に質が落ちてる気がするわー。


だからよその国にもってかれんだよね~。


タイガーマスクもやめたほうがいいと思うけどねー。やるだろうけどね。お金もったいな。


出来る頃には「あーそういうこともあったね」って感じるのかなぁ。









 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。