あばうとで行こう。

日々の雑記。 あばうとに、まったりと。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 趣味
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

DVD「十三人の刺客」を見ました。



途中は画面も暗くて非常にねむい。
ぶつぶつ言っていて聞こえづらい。最近それはよく思う。効果音とかBGMは大きいのに肝心のセリフがよく聞こえなかったりする。

希望としてはもう少し、メインの最後の戦闘シーンをカットしてでも十三人が集まった理由などに重さが欲しかったかな。
だいたい人数多すぎだよ相手の。こら無理でしょーって思ったしね。

それから、それぞれのキャラの戦闘シーン、もっと綿密にしてほしかったなー。
それでなくても爆薬やら血やら泥やらで誰が誰やらわからんくなるところ。
刺客側のキャラに気持ちが入るようにしてほしかった。


よかったのは、やっぱり俳優陣の演技のうまさですね。
伊原さんなんて超かっくいー!ゾロみたい。
松方弘樹や役所広司は殺陣のシーンはやはりベテランだからうまいし。
稲垣吾郎ちゃんの演技もなかなか。悪いですねー。
邦画はすばらしいと思えました。

伊勢谷くんのキャラは賛否両論みたいですけど、私はこの重い雰囲気の映画に少しばかりのお笑いを入れてることは別にそこまで不快感はありません。
山田孝之くんの「お前は不死身か」というセリフにはふきました。
なんで生きてんの??って思ったけど。確か刺されたはずじゃ?みたいな。
あとは、意外とあっさりだったのでラストが。物足りない感じはありました。

久々の時代劇としては、なかなか。
最近はあんまりうまい日本の俳優さんの演技は見ないのでよかったです。

もっと日本も頑張れよ。
韓国のドラマが好調だからって文句言う前にさ。
悔しかったらやりゃーいいさ。客が見てやっぱ日本はすげーと思うものをさ。


テーマ : DVDで見た映画    ジャンル : 映画


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。